流浪ブログ 日々是好日 本とラジオと飯を作る日々

栃木県鹿沼市でひとり暮らし。レディオベリーとNACK5リスナー。外食は月に2回ほどであとは自炊している。

【動画】千曲川決壊 住宅街に流れ込む濁流 | NHKニュース


【動画】千曲川決壊 住宅街に流れ込む濁流 | NHKニュース

堤防の決壊は恐ろしいですね。鹿沼市の黒川は決壊しなかったのですが、佐野市の秋山川は決壊しました。ニュースにならない影響だと通れない橋が多くて困っています。

 

動画で亡くなったお父さんの話をしていて、それがリアルで、印象的です。

大谷街道 駒生のウエルシアに行ってきた話。

f:id:tamafish:20191006205044j:image 

先週の日曜日、大谷街道沿いにあるウエルシア薬局へ。買い物してきました。初めてのウエルシア駒生店。お店からは隣のスーパービッグサンユー跡地が見えます。ずっと勘違いしてました。この跡地にウエルシアが出来たと思ってたら、隣だったんですねw
f:id:tamafish:20191006205047j:image

ジャパンカップロードレース2019年10月19日(土)10月20日(日)

JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE |

今年もロードレースの季節になりましたね~。 今年は台風が来たので赤川ダムのところどうなったんだろう。報道ではかなり木が倒れ砂利も転がっていましたけど、急ピッチで補修してるみたいです。

 

 

19日は宇都宮クリテなので電車で行ってみようかな~。20日はめっちゃ混むので県南の方へ行こうと思いますw

 

なにやら宇都宮以外の市がジャパンカップ開催に立候補するという噂もあり、宇都宮で開催しているうちは応援しますっ!

☆読み終わり やりたいことを全部やる時間術 臼井由妃 日経ビジネス文庫

f:id:tamafish:20191014201323j:image

そんなに驚くほどの内容はなかったですね~。このかわいい―くまざわ書店のくまちゃん―にやられたw くまざわ書店限定カバーだからといって、良い本だとは限らないということでしょうか…

 

ちょっと主婦の目線というよりも、ビジネスパーソンとしての時間の使い方が多くて、僕のように一人暮らしで家事を効率よくやりたいとか、そういうことはもっと別の本に頼るべきだったかも知れません。あまり実用書やビジネス書を読んでない人には新鮮なのかもしれませんが、この本の内容のほとんどは別の本で読だものばかりです。

 

やはりというか、自分の過去の実績を本の中でちょいちょいと自慢してくる人の本は、面白くないですね。見城徹さんとかの本も同じ感じなんです。なんとなくネットワーク商法っぽくて嫌い。

 

それに対してミシマ社などは人物目線の方が多くて好きですね。

 

株式会社ミシマ社 | TOP | 原点回帰の出版社、おもしろ、楽しく!

 

読み始め 弱さをさらけだす勇気 松岡修造 講談社 1200円税別 - 流浪ブログ 日々是好日 本とラジオと飯を作る日々

 

普段から齋藤孝先生やジョコビッチなどの気鋭のスポーツマン、さらに哲学者の本ばかり読んでいるので、僕の中で少し期待が上がりすぎているのかもしれません。

 

まー僕自身割と時間はうまく使えているのかも。本を読む理由の一つに―新しい知識を得たい―というものがあるのですが、新しいものというのは―シンプルに素早く―というものが現在では重視されていますからね。

【血糖値】シンガポールで糖尿病患者が増え続ける理由が恐ろしい…!


【血糖値】シンガポールで糖尿病患者が増え続ける理由が恐ろしい…! : うちの夫が糖尿病になっちゃった! | 食と血糖値・漫画ブログ 

普通のペットボトル飲料でこれなので、タピオカはもっとヤバい気がするんですよね。普通に甘いミルクティーにタピオカが入ってるんだからw

Panasonicメロディアスライブラリー むらさきのスカートの女 今村夏子 2019年10月13日(日 )TOKYOFM

今村夏子『むらさきのスカートの女』 - Panasonic Melodious Library パナソニック メロディアス ライブラリー - TOKYO FM - 小川洋子,藤丸由華 -

 

今週は小川さんも強く推す―むらさきのスカートの女―です。芥川賞受賞作で、水玉スカートから二人の女性の足が出てる特徴的な表紙は本屋でよく見ました。

 

公園で見かけるむらさきスカートの女性と友達になりたいわたしは、さしずめオレンジカーディガンの女。このむらさきスカートの女とオレンジカーディガンの女が奇妙なすれ違い、と言うかストーカー?をしながら物語は進んでいきます。

 

この小説が芥川賞になった時点で―話の意味が分からない!― という書評が結構出ていましたね。小川洋子さんにはガッツリとヒットしたようなのですが、僕にはそんなにグッと来ないなあ。やはり男だからかも知れません。むむー。

ピートのふしぎなガレージ 2019年10月12日(土) リンゴの歴史 TOKYOFM

第340話 リンゴ - 「リンゴ」は甘いか? 酸っぱいか? - ピートのふしぎなガレージ -TOKYO FM 80.0MHz

 

今週のテーマはリンゴでした~。振分親方も登場!

 

りんごの起源はコーカサス地方バラ科の樹で、8000年~10000年前から人類は食していました。博士達が便利カーで見てきた歴史では、紀元前一世紀の時点で既に接ぎ木が確立されていたということです。すごいな~。その後、人類はりんごをデザートとして食べながらも、シードルを発明しお酒として飲んできたんですね~。

 

 

第340話 リンゴ - 「リンゴの木箱は腕力じゃなくて腰で上げる!」 - ピートのふしぎなガレージ -TOKYO FM 80.0MHz

振分親方の実家は青森のりんご農園だったんですね~。すごいなあ。 人間椅子の和嶋さんやすけんさんと同じ青森だったのか~。

 

番組の終わりになんか新しい展開への伏線がありましたね。