流浪ブログ 日々是好日 本とラジオと飯を作る日々

栃木県鹿沼市でまんじりと生きる独身男子のブログ。日々移り変わる地域社会 心の風景をざっくりと書き込む。ひとり暮らし 。

久しぶりの3時間残業。

f:id:tamafish:20180607222115j:image

仕事終わりの、泡盛でございます。

 

今日は仕事が納期までに片付かなそうだったので、3時間の残業。めっちゃ疲れましたwそんで、帰ってきてからの米研ぎ→炊飯。いま明日のおにぎりを作って晩酌しています。ひとりきりの。

 

残業時間中、西日に照らされながらいろいろ考えました。仕事のやりがいや、賃金。むむー。

 

個人的には生活できるお金があれば良いかな~と思っていますが、実際今の工場だとかなり余裕のある家計に。その代わりというか、やりがいはあまりない。工場ってそういうところあります。

 

やりがいはないですが、人生そこまで得しなくてもいっかな…とも思いますので、どっこいどっこいな環境です。逆にちょっと仕事がきつい。人間関係がきつい。そんな感じでいいのかも。恵まれすぎがいちばん、怖い。こんな気持ちです。

北関東梅雨入り~。

北関東が梅雨入りしましたー!今日も小雨の中で仕事。まさに6月といった感じ。洗濯物には難儀しますが、車が灼熱にならないので移動するには楽ですかね~。雨の中の運転はコツがいりますけどね。平日は雨だと車が多くなり、休みだと減ります。軽い遠出なら雨の日の方が暑くなくて楽です。

 

6月は花火大会もなく、アジサイと蓮を見に行くくらいしか予定もないですが、晴耕雨読ということで読書に精を出そうかなと。まだ5月の分の―人生行きがかりじょう 全部ゆるしてゴキゲンに―が読み終わってないのですが、かなりおもしろいので楽しく読めています。

 

仕事の方はちょっと忙しくなりそうで、なんとも憂鬱。転職しようっかな~。

犬を飼うとセロトニンが放出されて健康に…でもペット飼えない人は?

わんこを飼うと脳内物質セロトニンが分泌されて、ストレス解消や悪い気分の遮断に効果があるといいます。

愛犬と戯れて効果倍増!セロトニンの分泌を活性化して最強の人間になる方法 | 愛犬のための石鹸シャンプー日記

 

このセロトニンはメンタル面において万能ともいえる存在。独身女性が犬を飼うと恋人がいらなくなる…なんて言われるほど、ペットの癒し効果は高いんですね。ちなみに猫でもOKです🐈

 

さらに血糖値の安定や安眠効果などその効果は―幸せに直結している―と思えてきますね。でも、僕のようにペット飼ってない者はどうすれば?セロトニンの分泌には―恋人に触る―などもありますがこれはもっと無理やいないしwww

 

独居の者、セロトニンを出す。それは…

 

 

筋トレ!瞑想!そして、よく笑う。

 

筋トレは特に太ももを刺激すると良い。これはデンジャラスのノッチさんが有吉弘行サンデーナイトドリーマーで話していたもの。瞑想はマインドフルネスとしてうつ病の治療にも採り入れられています。最後のよく笑うは、まさにあ、安部礼司刈谷勇の高笑いそのもの!1日3回ほど、あーはっはっはっと笑います。これは嘘笑いで結構ですwこの高笑いは僕も実践して半年くらいになります😸泣いても一生、笑っても一生。

益子町の酒蔵 外池酒造で日本酒ガーデン7月7日(土)

益子町観光協会のホームページです

 

益子町で―さんらん―などの日本酒で知られる外池酒造の敷地内で日本酒ガーデンが開催されます。ビアガーデンの日本酒版みたいな感じです。9月8日まで複数回開催。ビールも出ますw

 

日本酒好きなのですが、益子近辺のお酒だと芳賀の―惣誉―が大好きで肝臓の関係でなかなか飲めていませんw今年の日本酒ガーデンは有料ですが専用バスも出ているので行ってみようかな~。

 

益子といえばカフェの街でもあります。道の駅ましこでも朝9時からコーヒーが飲めてモーニングも!鹿沼からだと帰り道にインターパークがあるのでモーニング食べてから買い物できます😸

ミッシングワーカーのリスクに恐れおののく自分…NHKスペシャル2018年6月2日(土)

NHKスペシャル | ミッシングワーカー働くことをあきらめて・・・

 

6月2日(土)夜9時から放送されたNHKスペシャル。かなり興味深い内容だったので生で見ました。その内容は 40代50代の独身者が労働市場から喪失しているという―ミッシングワーカー―その原因とは。

 

ミッシングワーカーは元々、ハローワークで就職活動をしていない為に失業率にカウントされない人のことをさす言葉でした。この放送ではそのなかでも特に独身で労働市場に参画できなくなった中高年男女を特集。介護、非正規、独身という3つのリスクがあるというのですが…

 

大手企業で正社員として働きながらも、親の介護で離職。その後、その親が亡くなり労働市場に戻れる状態になっても絶望してしまい、働く意欲がなくなった男性。元々は非正規ながら、月収40万を得ていた独身女性の例では、年齢の制限で今は短期契約の仕事しかできなくなってしまった。などなどかなり厳しい。自分に降りかかってきそうなものばかり。

 

結婚していても離婚すれば独身ひとり暮らし。親は歳をとる。仕事はどんどん先細り。このトリプルリスクは全ての日本人に降りかかってくるものではないでしょうか。どうすればいいのか、僕はこう考えます。

 

自分の人生を生きる。

 

親の介護は、なんとかして軽減し、自分を優先しなければならない…書いていて苦しいですが。自分がもしも倒れた時に共倒れになってしまう、それを考えた時にやはり両親の介護にばかり時間を割いてしまうのは、この先進国日本ではもはや限界なのではないでしょうか。また親に依存、子に依存してしまうのもよくない。親はなんとかして子供の世話にならない方法を編み出し、子供の人生を潰さないように配慮すれば、今回放送された例のほとんどは解決できたのかも。

 

そして、さらに思ったのは―絶望するな―ということ。

 

メンタルのストレスをナメてはいけない!日々の食事、筋トレ、仕事や家事や買い物。毎日を丁寧に、感謝を忘れず生きること。正岡子規結核に伏せても、最後は絵を描きその絵に宇宙を見たといいます。どんな人生でもベストを尽くす。それが独身として生きる道なのかもしれません。いまを生きる!

中の上な生活を打破したい―河原散歩しながら考える―

f:id:tamafish:20180602202104j:image

前の日曜日ですが、鹿沼市日光市を流れる行川を散歩してきました!いやー餌釣り用の竿買おうかな~。ルアーではブルーギルくらいしか釣れなそうです。
f:id:tamafish:20180602202120j:image

広告デザイナーの箭内道彦さんが前に話していた―中の上を打破するためにお金を使い果たし、自分を追い込む―

 

お金を使うことで、お金がなくなる心配がなくなる…矛盾しているようですが、実際やってみると意外と納得できるのが不思議。僕もかつてとんでもない貧乏を味わいましたが、あの頃はそんなにお金の心配はしていなかったです。ただなかったというだけで。むしろいまの方がお金の管理に神経質になり、独身なりの―中の上―を作ろうと必死になっていたような気がします。

 

そしていま感じる―壁感―このままでは本当にやばいかもしれません僕の生活。一度ここから生活を見つめ直し、しっかりとお金を使って、その日その1日を覚悟を決めて生きる。そんな生活がしてみたくなりました。そのためには考えてお金を使わなければ。それが難しいのです。なんとか色々考えて、生活していきたいと思います。

 風とロックREALTIME【magabon】

 

道楽かぬま&ブルートステーキで飲み会。


f:id:tamafish:20180601201336j:image

家から近い―道楽かぬま&ブルートステーキ―で飲み会をやっております!居酒屋の道楽かぬまとステーキ屋のブルートステーキが店内で分かれています。メニューは共通なので席が居酒屋風かステーキハウス風かなだけなんですけどねw

 

値段は比較的お安い。店内はよく部活の打ち上げやってるんですよね~w今日も高校生たちがはしゃいでいます😸

 

今日から6月。なんとか今月も乗り越えていきたいものです。