流浪ブログ 日々是好日 本とラジオと飯を作る日々

栃木県鹿沼市でひとり暮らし。レディオベリーとNACK5リスナー。外食は月に2回ほどであとは自炊している。

読書

読み終わっての感想 貧困脱出マニュアル タカ大丸 飛鳥新社

貧困脱出についてかなり具体的に書かれています。厚い本でしたが、著者のタカ大丸さんの半生が垣間見れる内容でしたね。タカ大丸さんは貧困家庭の出身で、肉体労働で資金を貯めて米国の大学に。そこから翻訳者になって、目下稼ぐことを実践する日々を送って…

読みはじめ 貧困脱出マニュアル タカ大丸 飛鳥新社。

この本はさくら市氏家にあるTSUTAYAで見つけました。行った日はどちらかというとドトールコーヒーが目当てで本屋巡りはそのついでだったのですが、平積みされた貧困脱出マニュアルを発見。著者を見て驚きました。ジョコビッチの本を訳した人だったのです。こ…

Panasonicメロディアスライブラリー 今年も長編特集!ジョン・スタインベッグ 怒りの葡萄 2019年2月17日(日) TOKYOFM

https://www.tfm.co.jp/ml/ 今年も大長編小説を二週に渡って放送!ジョン・スタインベックはノーベル文学賞を受賞したこともあるアメリカの作家です。怒りの葡萄は1929年に起こった世界恐慌に巻き込まれるかたちになった農民たちの苦悩と挑戦を描いた作品。 …

読み終わって がんばりすぎない休み方 萩野淳也 文藝社

イラストが多めで読み終わるまでにそこまで時間かかりませんでした。内容はその割に濃くて実践的と言うか、すぐ始められることをまとめてくれたような感じですね。メンタルフルネスのやり方、仕事場でのストレスの流し方、対人関係の考え方、書き出して自分…

読みはじめ!がんばりすぎない休み方 萩野淳也 文藝社

鹿沼市の福田屋3階にあるくまざわ書店で結構長い期間平積みされていたこの本。最初、女性の書いた本かなと思ったら萩野さんという男性の本なんですね!デザインや構成は全員女性なので、編集が女性だと女性向けな本になるというのがよく分かります。 萩野さ…

Panasonic メロディアスライブラリー ある家族の会話 ナタリー・ギンズブルグ イタリア 2019年1月27日(日) TOKYOFM

https://www.tfm.co.jp/ml/ この何週か重い話の本が多いですね。今回は―ある家族の会話―です。1月27日は―アウシュビッツが解放された日―ということで、それにちなんだノンフィクション作品がとりあげられました。著者のナタリーさんの家族に起きた出来事が綴…

Panasonicメロディアスライブラリー おわりの雪/ユベールマンガレリ 2019年1月20日(日) TOKYOFM

Panasonic Melodious Library【パナソニック メロディアス ライブラリー】- TOKYO FM - 小川洋子,藤丸由華 - 今回は2000年のフランス作家の作品―終わりの雪―繊細な少年の心は一面の雪景色のよう。相手の心を読むことに長けている少年の、ある事件をきっかけ…

読み終わっての感想 21世紀の楕円幻想論 平川克美 ミシマ社

株式会社ミシマ社 | TOP | 原点回帰の出版社、おもしろ、楽しく! この本はなかなか難しいですね…要約すると―贈与と貸し借り――貨幣価値の功罪――無縁でもお金があれば――貧乏と人助け礼賛について― 光輝く生活を求めたはずが、なぜか生きにくい。無縁社会をい…

Panasonic メロディアスライブラリー 生きがいについて 神谷美恵子 2019年1月14日(月) TOKYOFM

Panasonic Melodious Library【パナソニック メロディアス ライブラリー】- TOKYO FM - 小川洋子,藤丸由華 - 今週は谷中さんの―生きがいについて―この本は僕自身、20代前半の頃に図書館で手に取って読んだことがありました。当時僕は無職で暇を持て余し、履…

Panasonic メロディアスライブラリー コネチカットのアンクルウイグリー/JDサリンジャー 2019年1月6日(日) TOKYOFM

https://www.tfm.co.jp/ml/today/index.html 今週はJDサリンジャーでした。相変わらずサリンジャーの世界はシンプルだけど少し病んでいて、切り取り方が何ともグサッときます。この作品も妄想爆発! 大学時代の友人メアリージェーンとエロイーズが、飲んだく…

読み始め!21世紀の楕円幻想論 平川克美 ミシマ社

ほぼ毎日コラムをチェックしているミシマ社の、新しめの本です。著者の平川克美さんの本を買うのは2冊目です。―消費をやめる 銭湯経済―は、あまり給料の多くない自分にとっては大変参考になる本でした。ミシマ社の本は割合僕のような小市民を勇気づける本が…

Panasonicメロディアスライブラリー 2018マイベストブック 2018年12月30日(日) TOKYOFM

Panasonic Melodious Library【パナソニック メロディアス ライブラリー】- TOKYO FM - 小川洋子,藤丸由華 - 明けましておめでとうございます。今週は総集編でした! 小川さんは―僕を殺した人と僕が殺した人――ことばの食卓――リー兄さん―の三冊を。藤丸さんは…

読み終えての感想 弱さをさらけだす勇気 松岡修造 講談社

ポジティブと失敗談が入り乱れる内容の濃い一冊でしたね。松岡さんは―自分は世間のイメージと違ってネガティブだ―と本の中で盛んに話しています。また、その中で、ライフハックと言いますか、やる気を出す方法 失敗を受け入れる方法 などを、色々 松岡さん自…

Panasonic メロディアスライブラリー アンデルセンの童話 もみの木 2018年12月23日(日) TOKYOFM

アンデルセン『モミの木』 - Panasonic Melodious Library パナソニック メロディアス ライブラリー - TOKYO FM - 小川洋子,藤丸由華 - 今週はアンデルセン童話でした。マッチ売りの少女などを子供の頃によく絵本で読んでいましたね。大人になってから読むと…

読み終えての感想 オードリー若林 ナナメの夕暮れ 文藝春秋

オードリー若林のこの本。本屋巡りをしてたらどこの本屋でもかなりプッシュされていて、元々若林が好きなこともあり購入しました。若林の人見知りは有名で、ひとり上手な印象が前からありました。 めっちゃめっちゃ共感しながらサクサクと読み進め、220ペー…

読み始め!オードリー若林正恭 ナナメの夕暮れ 文藝春秋刊

あちこちの本屋で平積みされていたオードリー若林の本!雑誌ダヴィンチに本人が連載してるエッセイの単行本化。秋の為かおもしろい本が続々と発行されていますが、まず買いたくなったのがこの本。若林の人見知りはかなりのレベルwその人見知りさにファンがい…

ありがとうさくらももこさん。

鹿沼市の福田屋百貨店に入っているくまざわ書店にて。仕事終わりに寄ったのですが、泣かすな~と思いました。平成が過ぎて、ちびまるこの世界がまた遠くなってしまうような、そんな気がしました。 今週は土曜日も仕事!今週もなかなかのきつさ。明日はちょっ…

読み終わっての感想 ―友だち幻想―人と人のつながりを考える 菅野仁 ちくまプリマー新書。

菅野仁さんの―友だち幻想―を読み終えました。スーッと入ってくる内容でスラスラ読めて仕事終わりの頭に心地よい本ですね。 本の内容は社会のなかで生じる人間関係を、著者がその構造と法則について俯瞰的に分析。現代日本の―友だち幻想―を乗り越えて、どう生…

読み始め 友だち幻想 人と人のつながりを考える 菅野仁 ちくまプリマー新書

ついに友だち幻想を読みます!著者の菅野さんは2016年に亡くなり、この本が遺作として取り上げられることも多いです。初版は2008年なのでかなりのロングセラーですね。 人間関係は永遠の悩み…特に日本人には。それを打破しようとする動きなのかアドラーやニ…

読み終わって―自分のことだけ考える― 無駄なものに振り回されないメンタル術 堀江貴文 ポプラ新書 800円税別

堀江さんの本あるあるで、前に読んだ話が出てくるっていうのがあります。今回も―ゼロ―で書いていた留置場のエピソードがありましたね。 さて、今回も堀江さんらしい読んでいてポジティブになれる内容が多かったです。特に、執着心について。執着心とは物事に…

Panasonic メロディアスライブラリー 伊曾保物語とは?

『伊曽保物語』 - Panasonic Melodious Library パナソニック メロディアス ライブラリー - TOKYO FM - 小川洋子,藤丸由華 - 台風迫る日曜日の昼下がり。JFN系列―Panasonicメロディアスライブラリー―を聴いてまったりしていたら興味深い内容だったので書きま…

読み始め 自分のことだけ考える―無駄なものにふりまわされないメンタル術― 堀江貴文 ポプラ新書

堀江さん最近ちょっと前澤友作さんにお株を奪われて炎上くらいしか話題がなくなってきてますが、気になった本を購入しました。 ―自分のことだけ考える―とは、まさに堀江さんの生き方そのものですね。僕も30歳になっていろいろ考えてしまいます。炎上はしたく…

読み終わって感想など 墨いろ 篠田桃紅 PHPエディター

お盆の長期休みを使って一気に読みました。篠田桃紅さんのニューヨーク在住時代。かなり興味深い内容でした。1956年の渡米ということで、半世紀以上前に書家として筆と墨でアメリカで美術の仕事をしていたという。その実績だけで驚嘆です。 印象に残った言葉…

読み始め! 墨いろ新装復刊版 篠田桃紅 PHP研究所

栃木県は日光市今市にあるスーパーかましんが入るショッピングセンタービル―通称かましんビル―そのビルの2階にある小さな小さな本屋でたまたま見つけて買ってきました。おばあちゃんエッセイ。 著者の篠田桃紅さんは有名な書家。現在もご存命で105歳。この本…

読み終わりました 君たちはどう生きるか 吉野源三郎 岩波文庫

コペルくんの思春期の成長を、おじさんがノートで支援するハートフル思考形成ストーリー。原作は1937年という古いものです。 コペルくんと、3人の友人が心を通わせ、遊んだり上級生に立ち向かったりと、中学時代っていろいろあるんですよね~。当時といまで…

途中まで読みました―君たちはどう生きるか― 吉野源三郎 岩波文庫

中学時代に読んだことのある本ですが、まったく内容を覚えていないので買ってきました~。漫画版はベストセラーになっています。前に読んだのは15年前w いま一所懸命読んでいますが、小説調の文章はなかなか読み進まないですね~。いま北見くんがぶちギレた…

読み終わり!ごはん好きでも必ず痩せられる炭水化物の新常識 大和田潔 金本郁男 永岡書店

読み終わりました~。上半期は1ヶ月に新しい本一冊読み、余った時間で既に読んだ本をクローゼットから引っ張り出し読んでいました。大変、身になる半年にできたと思います。というよりも本を読むことそのものが人生だと、最近そう感じております。 この本は…

読み始め―ごはん好きでも必ず痩せられる―炭水化物の新常識 著 大和田潔 金本郁男 永岡書店

現在40ページほど読みました。たまに読みたくなる栄養学や調理の本。いままで炭水化物抜きダイエット系の本は買ってなかったのですが、この本は内容がマイルドそうなので購入してみました。ライザップなどの糖質制限は一時痩せてもリバウンドしそうだし、な…

読み終わりました!人生行きがかりじょう―全部ゆるしてゴキゲンに― バッキー井上著 ミシマ社

おもしろかったー!このブログに何度も書いていますがミシマ社の本は普通の出版社とはひと味ちがう。やさしくて新しい。それがミシマ社。 本の内容はバッキー井上さんの半生と職歴(起業歴)を紹介しつつ、哲学的に―行きがかりじょう―という生き方の解説してい…

読み始め 人生行きがかりじょう―全部ゆるしてゴキゲンに― バッキー井上 ミシマ社。

5月の本はミシマ社です!ずっと読みたかったバッキー井上さんの―人生行きがかりじょう―アウトサイダーな生き方を続けてきたバッキーさんの半生と、人生哲学を豊富に詰め込んだこの本。ミシマ社は個性的な本が多数ありますが、この本はずば抜けています。 い…