流浪ブログ 日々是好日 本とラジオと飯を作る日々

栃木県鹿沼市で日々移り変わる地域社会 心の風景をざっくりと書き込む。独身。ひとりで過ごすのが好き。

ケトン体は万能ではないはず。

【便秘解消新食材&心臓老化ストップ物質&セカオピ】SP|名医とつながる!たけしの家庭の医学|朝日放送テレビ

 

体内で燃料ともいえる糖が減ると、細胞が糖を再生産するケトーシスといわれる現象。昨晩、テレビ番組で断食がケトン体を増やすという実験を数値と共に分かりやすく紹介していました。なかなか数値までは知れないので興味深かったです!

 

ただ、僕が思うのは―ケトン体の素は筋肉なので悪い痩せかたをしてしまう―ということ。そして、筋肉が落ちれば体温調節機能も落ちて、リバウンドを招くんじゃないか!

 

そもそもケトン体生成は人間が飢餓を脱するために起こす防衛機能が本来の姿。それを簡単に故意に起こして良いのかな~と思います。断食をしなくてもジュースお菓子を食べなければケトン体は増える→高血糖を防ぐはずなので、間食を減らすのはもちろん大賛成です。この砂糖を含んだ間食を減らすというのは番組でもやっていました。

 

僕が習った筋トレは3時におやつを食べて、筋トレをする…これが基本。おやつといってもプロテインやツナ缶。間食をすることで空腹になる時間を減らし筋肉に栄養を送るという寸法。筋肉は財産です!僕は筋トレをしないと健康診断で痩せすぎと出てしまうので、自分の体質にあった食生活を心掛けたいと思いました。