流浪ブログ 日々是好日 本とラジオと飯を作る日々

栃木県鹿沼市で日々移り変わる地域社会 心の風景をざっくりと書き込む。独身。ひとりで過ごすのが好き。

―ハンデがあっても働ける―と思った出来事。

コンビニでの話。土曜日、1週間の勤務が終わりコンビニに行こうかスーパーに行こうか迷って、auのクーポンがあったのでコンビニに夕飯を買いに行きました。

 

店内でクーポンを発行し、商品を探すも欠品!ガックシというか、注意不足で、最初に商品を手に取ってからクーポンを発行するのが正しい流れなのをすっぽかしたのが原因だなと反省。仕事終わりで面倒くさがりになっていました。ただクーポン自体はそこまで魅力的な食べ物ではなかったので、まあいっかと落ち込みは少なく。僕はサラダと週末の晩酌に合うおつまみを レジに持って行きました。

 

その時のレジの店員さんがハンデのある方で、ゆっくりゆっくりな作業なのですが、電子マネーなんかも普通に対応していて少し驚き、車にもどってその驚きが感心に変わる。

 

パン製造などではよくありますが、コンビニというか小売店で初めての体験だったのでした。ハンデがあっても働ける。働ける職種も広くなっている。

 

クーポンで損した分なんか忘れるほど勇気がでた週末の買い物の話でした。